きまぐれ事典

ウェブデザイナーがあれこれきまぐれにつづる日々のくらしの百科事典。

透明になる薬

Posted on | 2008年 1月 14日 | Permalink

【透明】
(1)物体が光をよく通し、その物を通して向こうが見える・こと(さま)。
(2)にごりがなく、すきとおっていること。また、そのさま。澄明。
——————————————————————

ちょっと困った事態が発生しました。が、なんとかクリアしました(?)

少し受けれる仕事を増やそうと、ただいまとある実験中。それで現在、仕事の合間を縫ってプライベートなサイトをちまちま作ったりしているのです。仕事の空き時間を利用して…という割には、意外と凝ったデザインになってしまったかもしれませんが。

Fireworksでレイアウトして、せっせとパーツをスライス。それぞれの素材に最適な形式で画像ファイルを書き出すのですが、今回はちょっと部分的に透過PNGを採用してみることにしたのですね。PNG32という形式で書き出すと、多少サイズは重いけれど、透明も表示できる上、非常にきれいなパーツを書き出せるのです。

ところが、コーディングも大概終わり、各ブラウザでテストをさせてる段階で致命的な問題に遭遇しました。なんとWindowsのIE6でPNGが透過しない!透過してくれるはずの部分が白っぽい一色に表示。これじゃデザインがめちゃくちゃです。現在一番大きいシェアのブラウザだけに痛い問題です。その他のほとんどのモダンブラウザでは問題なく表示できるのにー。ホント毎回IEには泣かされてます(涙)。

ところがところが、放心状態でPNGについて調べていると、なんと解決方法がいくつかあるらしいのです。私が試した方法は「alphafilter.js」というJava Scriptのライブラリを使用する方法。詳細は割愛しますが、なんと奇跡的にIE6のPNGが透過しました!Java Scriptを読み込むのにワンテンポかかるのですが、きちんとデザインに忠実に表示してくれます!ありがたや?!開発者に感謝感激雨あられでございます。

関連する(かもしれない)記事


コメント

2 コメント - “透明になる薬”

  1. N@LI
    2008年 1月 15日 @ 13:06

    TACAさん、また進化しようとしてるぅ?!!!
    うまくいった時の感動といったらないよね!
    問題点を解決する人達って、ハッキリ言って天才だよね。
    私も天才方のお世話になりっぱなしでございます。

  2. TACA
    2008年 1月 15日 @ 15:47

    >N@LIさん
    ウェブの世界は進歩がめまぐるしいですからね。
    少しでも学んで付いて行かないとヤバそうです。
    最近はウェブ上に解決策がたくさん公開されていて
    ほんとありがたい時代ですよね。
    インターネット無しには生きられない。
    NO LIFE NO WEB.だわ。

コメントをする





CAPTCHA


書いてる人

taca

taca。1978年生まれのB型。ウェブ制作のお仕事をしています。MacユーザーでiPhoneユーザー。写真を撮るのが好き。BBQをこよなく愛しますが、やむを得ない場合はホットプレートでの焼肉でも可。[profile...]

Instagram

Tumblr

リンク

MONO

MOTEAL RADIO CLOCK

見た目もかっちょよくて、ラジオも聞ける。最高だね。

RECOMMEND

4861000084

Design rule index—デザイン、新・100の法則
William Lidwell, Kritina Holden, Jill Butler

フィボナッチの数列、フィッツの法則にオッカムの剃刀、5つの帽子掛けやらグーテンベルク・ダイヤグラムなどなど、デザインにまつわるキーワードがぎっしり詰まった本。必ずしも奇抜なセンスが必要なのではなく、しっかり基礎的ルールに基づけば自然と美しいデザインは生まれるもの。デザインに興味があるならばぜひとも本棚に。うーむ、いい意味で、本棚の肥やしとしてもサイコーの一冊。

410538502X

フル・ムーン
Michael Light

月旅行を体験できる本。人類初の月面着陸に成功したアポロ11号の宇宙飛行士たちが、興奮しながら目にしただろう月面の壮大で茫漠とした風景がそこにあります。記録写真というより、映画のひとコマのように思えるのは、宇宙飛行士たちのドラマを感じられるカットが散りばめられているからかな。月平線(?)から見える地球の出にも感涙。

B0007OC71O

In Between Dreams
Jack Johnson

アコースティックでナチュラルで、何の違和感もなく耳から浸透してくる心地よいメロディ。あまり聴きすぎると仕事が手に着かなくなる可能性があります。

PAGE TOP