きまぐれ事典

ウェブデザイナーがあれこれきまぐれにつづる日々のくらしの百科事典。

フィボナッチの数列

Posted on | 2008年 3月 8日 | Permalink

【数列】
ある一定の規則に従って並べられた数の列。
——————————————————————

「フィボナッチの数列」:各項が先行する2項の和となっている数列。(例:1,1,2,3,5,8,13)

フィボナッチの数列とは、数学やデザインにおいてもっとも影響力の大きいパターンであり続けているもののひとつです。それくらいメジャーなデザイン法則のひとつなんですが、上の説明ではちょっと分かりにくいですよね。例えば、フィボナッチの数列はどんなところに見られるのか…。

フィボナッチの数列にもとづくパターンは、例えば古典的作品などに多く見られるといわれています。詩、芸術、音楽、建築などなど。そればかりか、じつは自然界の中にさえあるらしいのです。それは、花びらであったり、星雲の渦巻き形であったり、人間の手の骨だったりと。

おそらくは古代の人々は自然界にあるこうしたパターンを美しいものと考え、いろいろなデザインに応用させてきたのでしょうね。ピンとくるかもしれませんが、じつはフィボナッチの数列は、有名な黄金比と密接な関係があるのです。

自然の中に潜む法則だからおのずと美しいと思うのか。古くからそれを美しいと教えられてきたからその比率を美しいと思うのか。いずれにせよ、デザインでなにか足りないと思ったら、フィボナッチの数列を思い出してみるといいかもしれません。

関連する(かもしれない)記事

コメント

コメントをする





CAPTCHA


書いてる人

taca

taca。1978年生まれのB型。ウェブ制作のお仕事をしています。MacユーザーでiPhoneユーザー。写真を撮るのが好き。BBQをこよなく愛しますが、やむを得ない場合はホットプレートでの焼肉でも可。[profile...]

Instagram

Tumblr

リンク

MONO

±0マグカップ

フツウよりちょっといいフツウなんですよ。きっちり2本指が入るんですから。

RECOMMEND

4861000084

Design rule index—デザイン、新・100の法則
William Lidwell, Kritina Holden, Jill Butler

フィボナッチの数列、フィッツの法則にオッカムの剃刀、5つの帽子掛けやらグーテンベルク・ダイヤグラムなどなど、デザインにまつわるキーワードがぎっしり詰まった本。必ずしも奇抜なセンスが必要なのではなく、しっかり基礎的ルールに基づけば自然と美しいデザインは生まれるもの。デザインに興味があるならばぜひとも本棚に。うーむ、いい意味で、本棚の肥やしとしてもサイコーの一冊。

410538502X

フル・ムーン
Michael Light

月旅行を体験できる本。人類初の月面着陸に成功したアポロ11号の宇宙飛行士たちが、興奮しながら目にしただろう月面の壮大で茫漠とした風景がそこにあります。記録写真というより、映画のひとコマのように思えるのは、宇宙飛行士たちのドラマを感じられるカットが散りばめられているからかな。月平線(?)から見える地球の出にも感涙。

B0007OC71O

In Between Dreams
Jack Johnson

アコースティックでナチュラルで、何の違和感もなく耳から浸透してくる心地よいメロディ。あまり聴きすぎると仕事が手に着かなくなる可能性があります。

PAGE TOP