きまぐれ事典

ウェブデザイナーがあれこれきまぐれにつづる日々のくらしの百科事典。

IT時代のフェイストゥフェイス

Posted on | 2008年 4月 8日 | Permalink

【face】
[名] 顔(つき); 人; 面目, 面子(めんつ) (dignity); (普通the ?) 厚顔; 外観; 見せかけ; 表面, 正面; 【数】面; (がけ,山などの)垂直な面; (器具などの)使用面; (活字の)字づら; しかめっつら; 額面; (時計などの)文字盤; (貨幣,トランプ札などの)表(おもて); (炭鉱の)切羽(きりは); (ハンマー,クリケットのバットなどの)打つ面.
[動] 面する; 立ち向かう; 直視する; 上塗り[上張り]する ((with)); (トランプの)表を出す; (告発,懲罰などを)受ける; 向ける ((to)); 顔を向ける; 直面させる ((with)); 縁取りをする ((with)); 【軍】転回する.
——————————————————————

インターネットが発達したお陰で、簡単な連絡からデータの送信まで、いまやメールひとつで事足りるまでになりました。IT関連はとくに顕著なのかもしれませんが、相手と顔を合わせることなく仕事が進められる時代です。

Eメールの役割って大きいです。なければ商売出来ませんが、メールに依存しすぎるのもどうかとも思うのですよね。

つまり、なんだかんだ言っても会わなきゃいけないものなんですよ。会わなきゃはじまらないこともあるんです。メールで済ませられることなら、これほど簡単で低コストで効率的なことはありませんが、フェイストゥフェイスで会ってこその成果物もまたあると思うのです。

サーバー借りたり、ドメイン取ったり、ネットショップで買い物したり、現に人に会わなくても済む商売はたくさんありますが、少なくとも私のやってるウェブ制作は人と会います。メールも使いますが、必要に応じてなるべく会います。

まず会って、クライアントに安心と信頼感を持ってもらう。そして、ヒアリングはきちんと面と向かってすることで、繊細なニュアンスのやり取りができるし、雑談を交えることにより親密度もUP。刺激やアイデアがもらえることもありますね。いろいろいいことづくめ。

こんな時代だからこそ、きちんとフェイストゥフェイスなんです。

関連する(かもしれない)記事

コメント

2 コメント - “IT時代のフェイストゥフェイス”

  1. N@LI
    2008年 4月 8日 @ 12:37

    いい物作っても、クライアントの顔が見れなきゃ張りがない。
    尊敬する先輩も同じ事を言ってたよ。
    私はフェイストゥPCですから、面白味無し(爆)
    たまには満足されたクライアントの顔でも拝んでみたいっす。
    …罵声が飛んでくるかも知れないけどね(笑)

  2. TACA
    2008年 4月 8日 @ 12:46

    >N@LIさん
    そうなんだよね。
    直接会って話することって、メールのやりとり以上に
    フィードバックが大きいから自分のテンションも保てたりするもんなあ。
    N@LIさんの仕事はお客さんの顔見れないんだったっけ?
    まあ僕も常に人と会ってるわけじゃなくて、
    ほとんどがPCの前で仕事してるわけなんで、
    たまに人と会うことでいい刺激を受けたりします。

コメントをする





CAPTCHA


書いてる人

taca

taca。1978年生まれのB型。ウェブ制作のお仕事をしています。MacユーザーでiPhoneユーザー。写真を撮るのが好き。BBQをこよなく愛しますが、やむを得ない場合はホットプレートでの焼肉でも可。[profile...]

Instagram

Tumblr

リンク

MONO

AIR

窓の外から入る光がとってもきれいなカーテンなのです。

RECOMMEND

4861000084

Design rule index—デザイン、新・100の法則
William Lidwell, Kritina Holden, Jill Butler

フィボナッチの数列、フィッツの法則にオッカムの剃刀、5つの帽子掛けやらグーテンベルク・ダイヤグラムなどなど、デザインにまつわるキーワードがぎっしり詰まった本。必ずしも奇抜なセンスが必要なのではなく、しっかり基礎的ルールに基づけば自然と美しいデザインは生まれるもの。デザインに興味があるならばぜひとも本棚に。うーむ、いい意味で、本棚の肥やしとしてもサイコーの一冊。

410538502X

フル・ムーン
Michael Light

月旅行を体験できる本。人類初の月面着陸に成功したアポロ11号の宇宙飛行士たちが、興奮しながら目にしただろう月面の壮大で茫漠とした風景がそこにあります。記録写真というより、映画のひとコマのように思えるのは、宇宙飛行士たちのドラマを感じられるカットが散りばめられているからかな。月平線(?)から見える地球の出にも感涙。

B0007OC71O

In Between Dreams
Jack Johnson

アコースティックでナチュラルで、何の違和感もなく耳から浸透してくる心地よいメロディ。あまり聴きすぎると仕事が手に着かなくなる可能性があります。

PAGE TOP