きまぐれ事典

ウェブデザイナーがあれこれきまぐれにつづる日々のくらしの百科事典。

夏空の大陸

Posted on | 2008年 8月 1日 | Permalink

群青の空に沸き上がる巨大な積乱雲。青空を海に例えるならこの雲は大陸かな。あの向こうには本当にラピュタでもあるんじゃないかと思うくらい。しかしまあ、青と白のコントラストが気持ち良すぎます。

アジトに来てみる?

関連する(かもしれない)記事

コメント

6 コメント - “夏空の大陸”

  1. くう
    2008年 8月 1日 @ 03:33

    雲の変化って面白いですよね。
    コドモ頃、孫悟空のように
    あの雲に乗ってみたいなんて思ったりしたものです。

  2. TACA
    2008年 8月 1日 @ 10:44

    >くうさん
    夏の季節の入道雲はとても変化に富んでいます。
    どんどん膨らんで形が変わって行くさまは
    見ててすごい楽しいですね。
    僕の子供の頃は
    綿菓子かソフトクリームに見えてました(食)

  3. ミッシー
    2008年 8月 1日 @ 16:40

    絵に描いたような青空ですね。
    鮮やか!!

  4. TACA
    2008年 8月 1日 @ 16:54

    >ミッシーさん
    夏っ!!って感じでしょ?
    夏の入道雲は大好きな風景のひとつです。

  5. GUERLAIN
    2008年 8月 2日 @ 01:00

    こんばんはTACAさん
    mixiから来ました
    気持ちを爽快にしてくれる写真ですね 晴れやかな気分になります

  6. TACA
    2008年 8月 2日 @ 09:55

    >GUERLAINさん
    ご訪問いただきありがとうございます!
    コメントまでしていただきうれしいです。
    もくもく沸き上がる入道雲は夏らしくて好きなんです。
    確かに見てて気分が爽快になりますね。

コメントをする





CAPTCHA


書いてる人

taca

taca。1978年生まれのB型。ウェブ制作のお仕事をしています。MacユーザーでiPhoneユーザー。写真を撮るのが好き。BBQをこよなく愛しますが、やむを得ない場合はホットプレートでの焼肉でも可。[profile...]

Instagram

Tumblr

リンク

MONO

±0マグカップ

フツウよりちょっといいフツウなんですよ。きっちり2本指が入るんですから。

RECOMMEND

4861000084

Design rule index—デザイン、新・100の法則
William Lidwell, Kritina Holden, Jill Butler

フィボナッチの数列、フィッツの法則にオッカムの剃刀、5つの帽子掛けやらグーテンベルク・ダイヤグラムなどなど、デザインにまつわるキーワードがぎっしり詰まった本。必ずしも奇抜なセンスが必要なのではなく、しっかり基礎的ルールに基づけば自然と美しいデザインは生まれるもの。デザインに興味があるならばぜひとも本棚に。うーむ、いい意味で、本棚の肥やしとしてもサイコーの一冊。

410538502X

フル・ムーン
Michael Light

月旅行を体験できる本。人類初の月面着陸に成功したアポロ11号の宇宙飛行士たちが、興奮しながら目にしただろう月面の壮大で茫漠とした風景がそこにあります。記録写真というより、映画のひとコマのように思えるのは、宇宙飛行士たちのドラマを感じられるカットが散りばめられているからかな。月平線(?)から見える地球の出にも感涙。

B0007OC71O

In Between Dreams
Jack Johnson

アコースティックでナチュラルで、何の違和感もなく耳から浸透してくる心地よいメロディ。あまり聴きすぎると仕事が手に着かなくなる可能性があります。

PAGE TOP