きまぐれ事典

ウェブデザイナーがあれこれきまぐれにつづる日々のくらしの百科事典。

Firefoxのスクロール量を調整してみる

Posted on | 2009年 3月 10日 | Permalink

【スクロール】
コンピューターのディスプレー画面で、一画面で表示しきれないとき、巻物を巻くように表示内容を上下・左右に動かすこと。

じつはずーっと気になっていたのだけれど、Firefoxで縦長ページを下へスクロールする速度が速すぎる。これは僕だけ?前々から思っていたのです。すごく微妙にマウスのクリックホイールを操作してやらなければ、あまりのスクロール速度の速さに読んでいた部分を見失いそうになるのです。この間、妹がやって来た時に指摘されたのでついに重い腰を上げた私(大袈裟)。

例によって調べてみました。カスタマイズ性の高さで名の知れたFirefoxですから、スクロールの速さくらい調整できないわけなかろうと。はい、さすがですFirefox。わりと簡単に調整できるみたい。

(1)URLバーにabout:configと入力
(2)mousewheel.withnokeyでフィルタして設定項目を絞り込む
(3)出て来た項目のうち、mousewheel.withnokey.sysnumlinesをダブルクリックして、値をfalseに変更
(4)mousewheel.withnokey.numlinesをダブルクリックして入力欄に希望のスクロール量を入力する

これでスクロールスピードを調整できます。ちなみに私の場合、(3)はすでにfalseになっておりました。(4)で6から3へ変更。変更しながら確認。私の場合このくらいが好みでした。

ああ、もひとつちなみに、FirefoxではCommandキー(WindowsはControlキー)を押しながらクリックホイールを操作すると遅くスクロールさせることも出来るみたいです。知らんかったー。これなら普段は速いスクロールを使って、時として遅スクロールさせる利用法も出来ますね。どっちがいいのか。

いやはや、Firefoxってやっぱりカスタマイズ性に優れていますね。アドオンの追加だけではないFirefoxの便利さ。about:config使うとものすごい数の項目を設定できるみたい。闇雲にへんな設定してしまうとまずいこともあろうかと思いますので、きっちり調べてからいじりましょうね。

追記:
Firefoxを終了させる度に、調整したはずのスクロールスピードが戻っちゃうなーと思ってたら、私の場合、以前firefoxの高速化の為に作成したuser.jsがクセモノだったようです。じつはこのファイルでスクロール速度を設定する記述があったのだった…。だから速度が異様に速くなっていたのか…。案の定、スクロール量の部分が6になってたのでこれを3としておきました。ちなみにuser.jsの格納場所はMacの場合、ライブラリ→Application Support→Firefox→Profiles→xxxxxx.defaultの中。

関連する(かもしれない)記事


コメント

コメントをする





CAPTCHA


書いてる人

taca

taca。1978年生まれのB型。ウェブ制作のお仕事をしています。MacユーザーでiPhoneユーザー。写真を撮るのが好き。BBQをこよなく愛しますが、やむを得ない場合はホットプレートでの焼肉でも可。[profile...]

Instagram

Tumblr

リンク

MONO

schleich Boar

ぶたさん大好き。

RECOMMEND

4861000084

Design rule index—デザイン、新・100の法則
William Lidwell, Kritina Holden, Jill Butler

フィボナッチの数列、フィッツの法則にオッカムの剃刀、5つの帽子掛けやらグーテンベルク・ダイヤグラムなどなど、デザインにまつわるキーワードがぎっしり詰まった本。必ずしも奇抜なセンスが必要なのではなく、しっかり基礎的ルールに基づけば自然と美しいデザインは生まれるもの。デザインに興味があるならばぜひとも本棚に。うーむ、いい意味で、本棚の肥やしとしてもサイコーの一冊。

410538502X

フル・ムーン
Michael Light

月旅行を体験できる本。人類初の月面着陸に成功したアポロ11号の宇宙飛行士たちが、興奮しながら目にしただろう月面の壮大で茫漠とした風景がそこにあります。記録写真というより、映画のひとコマのように思えるのは、宇宙飛行士たちのドラマを感じられるカットが散りばめられているからかな。月平線(?)から見える地球の出にも感涙。

B0007OC71O

In Between Dreams
Jack Johnson

アコースティックでナチュラルで、何の違和感もなく耳から浸透してくる心地よいメロディ。あまり聴きすぎると仕事が手に着かなくなる可能性があります。

PAGE TOP