きまぐれ事典

ウェブデザイナーがあれこれきまぐれにつづる日々のくらしの百科事典。

イヤミ語JS

Posted on | 2010年 10月 17日 | Permalink

【イヤミ】
赤塚不二夫の「おそ松くん」に出てくる謎のおっさん。マッシュルームヘアーに出っ歯と実にインパクトのある顔をしているが、スーツでびしっと決めている。自分のことを「ミー」と呼び、「ざんす」が口癖。過去にフランスにいたことがあるらしく、声高に「フランス帰り」を強調する。彼の「シェーポーズ」は子供たちの間で大流行した。

イヤミ語JS

最初に言っておきます。今から説明する遊び。簡単でおもしろいので、JavaScriptとかわからないとかいう人でも、ぜひ試してみて欲しいです!コピペしてエンターキー叩くだけ!

とは言え、あまりにもくだらなく申し訳ないくらいのものなんです。すみません(先にあやまっておく)。

で、何かと言いますと、おそ松くんに登場するイヤミっていますよね?表示しているブラウザ画面の文章を、JavaScriptでそのイヤミの口調に変えてやるっていうもの。おもに語尾が「ざんす」に変換されます。僕とか私は「ミー」に。その他、ちょこちょこと。誠にくだらないお遊びです。ちなみにインスパイアされた記事はここ。ほんとにちょっといじらせていただいただけ。なぜイヤミかというのは、とくに意味はなかったりして。まあ、キャラが立ってるというくらい。

さて、前置きが長くなってしまいましたが、とりあえず早速やり方の説明。簡単です。

(1)文章を変換したいウェブページを開く。

(2)ブラウザのURL欄にある現在のページのアドレスを消して、↓このJavaScriptをブラウザのURL欄にコピー&ペースト。

javascript:document.body.innerHTML=document.body.innerHTML.replace(/」/g,'ざんす」').replace(/。|です。/g,'ざんす。').replace(/私|僕|わたし|あたし|ぼく|自分/g,'ミー').replace(/フランス/g,'おフランス').replace(/しぇー|しえー|しぇ|しえ|シェー|シエー|シェ|シエ|!/g,'シェー!');focus();

(3)で、あとは、Enterキーをターン!とやる。イヤミの顔をイメージしながらテキストを読みましょう。

どうでしょう。開いていたページの口調が鬱陶しいイヤミに大変身。オススメなのは、おかたいニュースのページとか、ウィキペディアとか、あなたのブログとか、はたまたTwitterのタイムラインなんかだと、いつものあの人の口調がイヤミざんす!なんてことになって、とても笑えると思いますよ。手始めに、ウィキペディアの「フランス」なんてどうでしょうか。さあ、ギスギスしたネットの世界に笑いと平和が訪れるかも。それでは、レッツ・イヤミ。

関連する(かもしれない)記事

コメント

コメントをする





CAPTCHA


書いてる人

taca

taca。1978年生まれのB型。ウェブ制作のお仕事をしています。MacユーザーでiPhoneユーザー。写真を撮るのが好き。BBQをこよなく愛しますが、やむを得ない場合はホットプレートでの焼肉でも可。[profile...]

Instagram

Tumblr

リンク

MONO

emo desk

無骨で渋めだけど木目のあたたかみがあっていいなあ。こいつは男の書斎用。

RECOMMEND

4861000084

Design rule index—デザイン、新・100の法則
William Lidwell, Kritina Holden, Jill Butler

フィボナッチの数列、フィッツの法則にオッカムの剃刀、5つの帽子掛けやらグーテンベルク・ダイヤグラムなどなど、デザインにまつわるキーワードがぎっしり詰まった本。必ずしも奇抜なセンスが必要なのではなく、しっかり基礎的ルールに基づけば自然と美しいデザインは生まれるもの。デザインに興味があるならばぜひとも本棚に。うーむ、いい意味で、本棚の肥やしとしてもサイコーの一冊。

410538502X

フル・ムーン
Michael Light

月旅行を体験できる本。人類初の月面着陸に成功したアポロ11号の宇宙飛行士たちが、興奮しながら目にしただろう月面の壮大で茫漠とした風景がそこにあります。記録写真というより、映画のひとコマのように思えるのは、宇宙飛行士たちのドラマを感じられるカットが散りばめられているからかな。月平線(?)から見える地球の出にも感涙。

B0007OC71O

In Between Dreams
Jack Johnson

アコースティックでナチュラルで、何の違和感もなく耳から浸透してくる心地よいメロディ。あまり聴きすぎると仕事が手に着かなくなる可能性があります。

PAGE TOP