きまぐれ事典

ウェブデザイナーがあれこれきまぐれにつづる日々のくらしの百科事典。

映画「ヒューゴの不思議な発明」を観たよ

Posted on | 2012年 4月 30日 | Permalink

ヒューゴの不思議な発明

ちょっと前になりますが映画「ヒューゴの不思議な発明」を観てたので簡単に感想を(いつもブログにするの遅くなってしまう・・・)。多少ネタバレありかもなので注意。

ストーリーは1930年代のパリを舞台に、主人公の少年ヒューゴが父の遺した不思議な機会人形に隠されたメッセージを探っていく…という流れです。ヒューゴは父からのメッセージが込められていると信じ機械仕掛けの人形を自分で修理していくんですが、実際に出力されたメッセージはまたまた謎。そこから意外な真実へとつながっていくのです。

冬のパリが舞台になっていて色味的には少々寒々しい風景が多いんですが、当時の駅構内のにぎわう様子や、時計台から見えるパリの街灯りなどとても情緒あってなんだかあたたかい雰囲気を僕は感じました。タイトルとか映像からファンタジーっぽい印象も受けるけど、じつは全然ファンタジーではない気がします。あと、ヒューゴは男の僕から見てもかなり美少年だと思う(笑)

ストーリーは最終的には「映画」について語られていきます。え、なぜ…。伝えられようとしていたのは父からのメッセージではなかったのか?となるのですが、実際は違ったんですね…。でも「映画」はヒューゴと父との思い出の象徴でもあるので無関係ではないのか。。それにしても、ストーリーが展開していくうちに、あれだけ期待していた父の想いというものが多少うやむやにされた感がありちょっとモヤモヤするところではあります。

初期の映画制作現場の様子が垣間見れたりするシーンがあるのですが、何気にそういう部分が面白かったりします。現代の映画制作とは程遠い原始的な手法ばかりですが、それでも工夫を凝らし情熱を持って制作に取り組まれている様子が見て取れました。

世の中の流れに翻弄されいじけてしまっていた年老いた元映画監督がまたあたたかい心を取り戻していったりと、要は「映画」を賛美する映画と言えるかもしれません。そういう意味では、語り口が違うものの、往年の名作「ニュー・シネマ・パラダイス」に通じるところがあるなぁなどと見終わって感じました。あの映画、最近見てないけど大好きな映画です。「ヒューゴの不思議な発明」もそんなじんわりと心があたたかくなるような映画です。

『ヒューゴの不思議な発明』公式サイト

関連する(かもしれない)記事


コメント

コメントをする





CAPTCHA


書いてる人

taca

taca。1978年生まれのB型。ウェブ制作のお仕事をしています。MacユーザーでiPhoneユーザー。写真を撮るのが好き。BBQをこよなく愛しますが、やむを得ない場合はホットプレートでの焼肉でも可。[profile...]

Instagram

Tumblr

リンク

MONO

FISH PEN

AMAGOとか、きれいな魚なんですよ。

RECOMMEND

4861000084

Design rule index—デザイン、新・100の法則
William Lidwell, Kritina Holden, Jill Butler

フィボナッチの数列、フィッツの法則にオッカムの剃刀、5つの帽子掛けやらグーテンベルク・ダイヤグラムなどなど、デザインにまつわるキーワードがぎっしり詰まった本。必ずしも奇抜なセンスが必要なのではなく、しっかり基礎的ルールに基づけば自然と美しいデザインは生まれるもの。デザインに興味があるならばぜひとも本棚に。うーむ、いい意味で、本棚の肥やしとしてもサイコーの一冊。

410538502X

フル・ムーン
Michael Light

月旅行を体験できる本。人類初の月面着陸に成功したアポロ11号の宇宙飛行士たちが、興奮しながら目にしただろう月面の壮大で茫漠とした風景がそこにあります。記録写真というより、映画のひとコマのように思えるのは、宇宙飛行士たちのドラマを感じられるカットが散りばめられているからかな。月平線(?)から見える地球の出にも感涙。

B0007OC71O

In Between Dreams
Jack Johnson

アコースティックでナチュラルで、何の違和感もなく耳から浸透してくる心地よいメロディ。あまり聴きすぎると仕事が手に着かなくなる可能性があります。

PAGE TOP