きまぐれ事典

ウェブデザイナーがあれこれきまぐれにつづる日々のくらしの百科事典。

映画「ファミリー・ツリー」観たよ

Posted on | 2012年 6月 5日 | Permalink

映画「ファミリー・ツリー」観たよ

映画「ファミリー・ツリー」観てきました。

「ファミリー・ツリー」はハワイを舞台にしたとある家族の物語です。結びつきが希薄だった家族が絆を取り戻していくお話。ハワイのイメージとはちょっと違ってなんかリアルな家族模様。

全編通して泣きの演技が見所な気がします。娘二人はもちろん泣くし、主人公である父(ジョージ・クルーニー)も涙を流すわ、ちょっとフクザツなアノ人も泣くわ。上の娘がプールに潜って泣くとことか、下の娘が事実を告げられてそれを受け入れながら泣くとか、なんか良かった。橋の上でこっそり泣くジョージ・クルーニーも渋い。。

言っちゃうと、主人公の妻が植物人間になってしまっているんだけど、妻の意思で延命はしないことになっていて、生命維持装置をはずして見送らなければならないということを家族で少しずつ覚悟し受け入れていくんですよね。そして、たぶん「赦す」こともこの映画のテーマのひとつになるのかなぁ。愛とは赦しなのかもしれない。それは簡単にできることではないとは思うんだけども。観てるこちらもだんだん感情移入してしまうストーリー、そして良いキャスティングと演技でした。

いいなーと思ったのは一番最後のシーン。自然とテレビの前のソファに家族三人集まってきて、一枚の毛布を三人で使ったり、2つのシリアル皿を三人で回しあって食べたりするんですが、みんなもうずっと昔からそうであったようにごく自然な感じ。お父さん視点から見るとしたら、こういう親子の関係って嬉しいもんなんだろうなぁ。笑

すごくいい映画でした。ハワイの自然と街の風景もいいです。じんわり染みるやさしさの映画。僕はかなり好き。

映画「ファミリー・ツリー」

関連する(かもしれない)記事


コメント

コメントをする





CAPTCHA


書いてる人

taca

taca。1978年生まれのB型。ウェブ制作のお仕事をしています。MacユーザーでiPhoneユーザー。写真を撮るのが好き。BBQをこよなく愛しますが、やむを得ない場合はホットプレートでの焼肉でも可。[profile...]

Instagram

Tumblr

リンク

MONO

FISH PEN

AMAGOとか、きれいな魚なんですよ。

RECOMMEND

4861000084

Design rule index—デザイン、新・100の法則
William Lidwell, Kritina Holden, Jill Butler

フィボナッチの数列、フィッツの法則にオッカムの剃刀、5つの帽子掛けやらグーテンベルク・ダイヤグラムなどなど、デザインにまつわるキーワードがぎっしり詰まった本。必ずしも奇抜なセンスが必要なのではなく、しっかり基礎的ルールに基づけば自然と美しいデザインは生まれるもの。デザインに興味があるならばぜひとも本棚に。うーむ、いい意味で、本棚の肥やしとしてもサイコーの一冊。

410538502X

フル・ムーン
Michael Light

月旅行を体験できる本。人類初の月面着陸に成功したアポロ11号の宇宙飛行士たちが、興奮しながら目にしただろう月面の壮大で茫漠とした風景がそこにあります。記録写真というより、映画のひとコマのように思えるのは、宇宙飛行士たちのドラマを感じられるカットが散りばめられているからかな。月平線(?)から見える地球の出にも感涙。

B0007OC71O

In Between Dreams
Jack Johnson

アコースティックでナチュラルで、何の違和感もなく耳から浸透してくる心地よいメロディ。あまり聴きすぎると仕事が手に着かなくなる可能性があります。

PAGE TOP