きまぐれ事典

ウェブデザイナーがあれこれきまぐれにつづる日々のくらしの百科事典。

海の写真で個展?

Posted on | 2007年 6月 5日 | Permalink

【個展】
ある個人の作品だけを集めた展覧会。
——————————————————————

このあいだ自家製作してみた海のポストカード、何人か知り合いに差し上げました。で、なんだかちょっと展開がありまして、尾道の近くで喫茶店(「きっさ結月」といいます)をしている友人が、ポストカードを店に置いちゃろうと言って下さって…(涙)。しかもしかも、ちょっとした写真展みたいのを企画して下さるとか(号泣)。私の拙い写真でよろしいのでしょうか。プレッシャー…。

腕も機材もしょぼいんだけど、とにかく海の写真を撮るのが好きなんです。私が撮りたい海、それを表現するキーワードみたいなものが私の頭の中で漠然とあるのですが、もし自然とそういう雰囲気がにじみ出ていたら嬉しいです。

さてと、この時はケータイで撮った、ついこの間の海の写真。
斜陽の海辺の雰囲気や、日没前後の海や空の色が大好きなのです。

日没後の海

関連する(かもしれない)記事

    Not Found


コメント

6 コメント - “海の写真で個展?”

  1. yagi
    2007年 6月 6日 @ 03:55

    この写真と同じ場所に立ってみたい
    そう思います
    素敵な素敵な写真ですね
    写真展、見に行きたい!!!

  2. TAKA
    2007年 6月 6日 @ 14:10

    >yagiさん
    ここらは本当に穏やかな雰囲気の場所です。
    この時はケータイしか持ち合わせていなかったんで、
    完全に再現されていないのが残念です。
    この写真では非常に分かりづらいのですが、
    水平線にいくつも漁り火が灯っていて
    それはそれは息を飲む光景でした。

  3. 神釜ちゃん
    2007年 6月 6日 @ 19:19

    田舎の海にはさまざまな情景がありますね。
    一眼レフで、夜光虫の光る海を開放でとったら
    さぞかしきれいでしょうね。レッツトライ!ポストカード?

  4. TAKA
    2007年 6月 6日 @ 22:49

    >神釜ちゃん
    実はデジタル一眼の購入を検討してたりします…。
    コンパクトデジカメには限界があるかも。
    夜光虫の海、撮影してみたいですね?。

  5. D寅
    2007年 6月 7日 @ 12:27

    あとは、会場の環境整備なんよな。
    場所が場所なだけに、特に“光量”。
    がんばるど♪
    まぁ、それまでに一回来い!!

  6. TAKA
    2007年 6月 7日 @ 12:39

    >D寅さん
    本当に感謝です(T_T)
    ろくな腕前は持ってないですけど、
    写真好きにとっては個展なんて開くの、
    夢のような話ですから。
    会場下見ということで、
    まじで近々伺いますよ!

コメントをする





CAPTCHA


書いてる人

taca

taca。1978年生まれのB型。ウェブ制作のお仕事をしています。MacユーザーでiPhoneユーザー。写真を撮るのが好き。BBQをこよなく愛しますが、やむを得ない場合はホットプレートでの焼肉でも可。[profile...]

Instagram

Tumblr

リンク

MONO

box fan

クーラー温度高め設定、あとはこれで空気を撹拌。電気代安上がりだね。

RECOMMEND

4861000084

Design rule index—デザイン、新・100の法則
William Lidwell, Kritina Holden, Jill Butler

フィボナッチの数列、フィッツの法則にオッカムの剃刀、5つの帽子掛けやらグーテンベルク・ダイヤグラムなどなど、デザインにまつわるキーワードがぎっしり詰まった本。必ずしも奇抜なセンスが必要なのではなく、しっかり基礎的ルールに基づけば自然と美しいデザインは生まれるもの。デザインに興味があるならばぜひとも本棚に。うーむ、いい意味で、本棚の肥やしとしてもサイコーの一冊。

410538502X

フル・ムーン
Michael Light

月旅行を体験できる本。人類初の月面着陸に成功したアポロ11号の宇宙飛行士たちが、興奮しながら目にしただろう月面の壮大で茫漠とした風景がそこにあります。記録写真というより、映画のひとコマのように思えるのは、宇宙飛行士たちのドラマを感じられるカットが散りばめられているからかな。月平線(?)から見える地球の出にも感涙。

B0007OC71O

In Between Dreams
Jack Johnson

アコースティックでナチュラルで、何の違和感もなく耳から浸透してくる心地よいメロディ。あまり聴きすぎると仕事が手に着かなくなる可能性があります。

PAGE TOP