きまぐれ事典

ウェブデザイナーがあれこれきまぐれにつづる日々のくらしの百科事典。

無論、タムロン

Posted on | 2008年 1月 10日 | Permalink

【レンズ】
レンズ (lens) とは、狭義には光を屈折させて拡散や集束などをするためのもので、一般的には球面と球面、または球面と平面を両側面とする透明体。球面を使わない非球面レンズのほか、光の回折作用を用いる回折レンズも存在する。
——————————————————————

デジタル一眼レフの経済的なレンズ選びと言えば、やはりレンズメーカー製のレンズを選ぶことでしょうか、私の場合。いかんせん純正のちょっとした性能を持つレンズなど選ぼうものなら、その価格に目の玉が飛び出ます!

もしくは、下手にボディとセット販売になっている純正レンズを選択してしまうという手もありますが、気をつけないととてもF値の暗いレンズをつかまされることも。こうなってしまったら、一眼の写りでもこんなもんか、ってなってしまいそうです。

だったら、純正はおいといて、タムロンやシグマなどレンズメーカーのラインナップから選んでくる方がどんだけメリットがあることか。この方がわりと安くて性能がなかなか良いものを掘り出してこれるのです。

私がCANON EOS 5Dでメインに使用しているのはTAMRON SP AF 28-75mm F2.8 XR Di/A09(通称はA09でよいみたい。長いですから。)です。というか、5Dを買って以来、まだこれしか持ってない(泣)。それでも十分に一通りのものは写してくれるのでなかなか満足の玉です。多くのユーザーにも高く評価されてますし、私もコストパフォーマンス的には最高のレンズだと思います。

しかしながら、さすがにそろそろ新しいレンズが欲しいなと思い始めていたりします。望遠域のズームか、標準の単焦点か、それとも広角の明るいレンズ。先手は望遠系かなあ。沖でサーフィンしてる人とか撮れるとありがたいなあと思ってます。

—————————————————————-
そりゃあ純正EFのLレンズは欲しいんだけけど…。
とりあえず次に購入したいレンズの候補はシグマ。
無論、タムロン…じゃないのかい!

TAMRONのキャップ

関連する(かもしれない)記事


コメント

2 コメント - “無論、タムロン”

  1. N@LI
    2008年 1月 11日 @ 12:54

    望遠レンズ買わいた暁には、ワシが被写体になってしんぜよう(^ε^)
    シグマ…タムロンの底力見てみたいものです♪

  2. TACA
    2008年 1月 11日 @ 13:03

    >N@LIさん
    ぜひ被写体になってくれ。
    うまいこと波に乗っててくれよー(笑)

コメントをする





CAPTCHA


書いてる人

taca

taca。1978年生まれのB型。ウェブ制作のお仕事をしています。MacユーザーでiPhoneユーザー。写真を撮るのが好き。BBQをこよなく愛しますが、やむを得ない場合はホットプレートでの焼肉でも可。[profile...]

Instagram

Tumblr

リンク

MONO

grass rug

芝生にいるような感覚。足もよろこぶだろーな。

RECOMMEND

4861000084

Design rule index—デザイン、新・100の法則
William Lidwell, Kritina Holden, Jill Butler

フィボナッチの数列、フィッツの法則にオッカムの剃刀、5つの帽子掛けやらグーテンベルク・ダイヤグラムなどなど、デザインにまつわるキーワードがぎっしり詰まった本。必ずしも奇抜なセンスが必要なのではなく、しっかり基礎的ルールに基づけば自然と美しいデザインは生まれるもの。デザインに興味があるならばぜひとも本棚に。うーむ、いい意味で、本棚の肥やしとしてもサイコーの一冊。

410538502X

フル・ムーン
Michael Light

月旅行を体験できる本。人類初の月面着陸に成功したアポロ11号の宇宙飛行士たちが、興奮しながら目にしただろう月面の壮大で茫漠とした風景がそこにあります。記録写真というより、映画のひとコマのように思えるのは、宇宙飛行士たちのドラマを感じられるカットが散りばめられているからかな。月平線(?)から見える地球の出にも感涙。

B0007OC71O

In Between Dreams
Jack Johnson

アコースティックでナチュラルで、何の違和感もなく耳から浸透してくる心地よいメロディ。あまり聴きすぎると仕事が手に着かなくなる可能性があります。

PAGE TOP