きまぐれ事典

ウェブデザイナーがあれこれきまぐれにつづる日々のくらしの百科事典。

5Dの気になる汚れ

Posted on | 2008年 4月 22日 | Permalink

【CMOSイメージセンサ】
CMOSイメージセンサ(シーモスイメージセンサ)はCMOS(相補性金属酸化膜半導体)を用いた固体撮像素子。CCDイメージセンサと同様に、フォトダイオード(PD)を使用するが、製造プロセスと信号の読み出し方法が異なる。

愛機CANON EOS 5Dを購入して9ヶ月ほどになりますが、イメージセンサの汚れがちょっと気になっております。厳密に言えば、イメージセンサというより、それの表面を覆っているローパスフィルターなるもの。それについたホコリやチリがたまに写り込むんです。

このことは、購入した当初から気になっておりました。一番最初に試し撮りした風景写真にUFOのような心霊写真のような妙な点が写っており、じつはこれがローパスフィルターに付着したゴミだったという事件がありました(笑)買ったばかりの新品にこんなことがあるのかよ、とか思いネットで調べると、新品は最初しばらくの段階で機械からチリが出てくるもんなんだそうです。

この時は、ミラーを上げてブロアーでひこひこ吹いたら、大きなやつは取れて一安心したのですが、そもそもレンズ着脱はもちろん、レンズのズーミング動作などでさえも、カメラ内部にホコリを取り込むようなんで、根本的な解決は無理だとあきらめちゃっております。ちょっとだけめんどくさいけど、画像処理でわりと簡単にゴミ消しができるのでとりあえずはこれで対処。

しかし、あきらめたとはいいつつ、それでもやっぱり絞り込むとくっきり写っちゃったりするもんで、精神衛生上、完全にすっきりすることはありませんね。時々は掃除してやりたいなと思いつつも、ブロアーで吹き飛ばすくらいしか出来ていない現実。こびりついてるヤツに対しては湿式で対処するのが一番なんだろうけど…。

実はローバスフィルター清掃用の道具が各種リリースされているようなのですが、私はあえて今あるもので掃除してみようかと考えております。それはハイリスクハイリターン?専用の道具を買わなくていい分、安く済ませられますが、手元がすべって5Dの心臓部を直撃しちゃったらまずいですね(汗)。CMOSは触ることないにしろ、ローパスフィルターだって十分大事な機関なんだろうしなぁ。ここをゴシゴシするのはちょっと勇気がいる。

ちなみに私が使おうと思っている道具は、無水アルコール、シルボン紙、割り箸、以上。ちょっと危険な香りがしますが、こういう道具で清掃してるっていう人をウェブ記事で見たので、まあありっちゃありなんでしょう。

決行の日はとりあえずまだです。ちょっとヒマになってからゆっくり取りかかりますよ。

関連する(かもしれない)記事

コメント

コメントをする





CAPTCHA


書いてる人

taca

taca。1978年生まれのB型。ウェブ制作のお仕事をしています。MacユーザーでiPhoneユーザー。写真を撮るのが好き。BBQをこよなく愛しますが、やむを得ない場合はホットプレートでの焼肉でも可。[profile...]

Instagram

Tumblr

リンク

MONO

isola

これはお刺身を食べるのに最適。ほかにも工夫次第で。ぐふふ。デザインと機能を兼ね備えてるなー。

RECOMMEND

4861000084

Design rule index—デザイン、新・100の法則
William Lidwell, Kritina Holden, Jill Butler

フィボナッチの数列、フィッツの法則にオッカムの剃刀、5つの帽子掛けやらグーテンベルク・ダイヤグラムなどなど、デザインにまつわるキーワードがぎっしり詰まった本。必ずしも奇抜なセンスが必要なのではなく、しっかり基礎的ルールに基づけば自然と美しいデザインは生まれるもの。デザインに興味があるならばぜひとも本棚に。うーむ、いい意味で、本棚の肥やしとしてもサイコーの一冊。

410538502X

フル・ムーン
Michael Light

月旅行を体験できる本。人類初の月面着陸に成功したアポロ11号の宇宙飛行士たちが、興奮しながら目にしただろう月面の壮大で茫漠とした風景がそこにあります。記録写真というより、映画のひとコマのように思えるのは、宇宙飛行士たちのドラマを感じられるカットが散りばめられているからかな。月平線(?)から見える地球の出にも感涙。

B0007OC71O

In Between Dreams
Jack Johnson

アコースティックでナチュラルで、何の違和感もなく耳から浸透してくる心地よいメロディ。あまり聴きすぎると仕事が手に着かなくなる可能性があります。

PAGE TOP