きまぐれ事典

ウェブデザイナーがあれこれきまぐれにつづる日々のくらしの百科事典。

Finderにファイルパスを表示させる

Posted on | 2009年 7月 3日 | Permalink

【Finder】
FinderはMacintoshデスクトップメタファの中心である。基本的な機能はファイル管理だが、機能拡張の制御やインターフェースの元型の提示など、様々なレベルでシステムと統合されている。Macintoshの文字通りの「顔」役であり、象徴である。Macintoshの使いやすさの多くは、Finderに由来するといえる。現在の主流のウィンドウGUIシステムは、ほとんど全てがFinderの影響下にあるといってよく、コンピュータの歴史に与えた影響は計り知れない

Mac OS Xを語る上でこれなくしては始まらないFinder。あまりに溶け込みすぎているというか、もう超基本的な部分なのでともすると忘れがちになりますが、MacユーザーはFinderのお陰で便利にファイルを操れるのも確かなのですよね。

そんなFinderでありますが、ちょっとしたチップスを発見。「Mac OS XのFinderがプチ便利になる8つのテク」という記事。中でもファイルパスの設定は私にとってはまさにかゆかった部分でした。

デフォルトではファイルのパスは表示されない設定になっているのですが、これを表示させる設定方法。フツウのユーザーなら別にファイルのパスなんて知らなくてもいいでしょっていう考え方もありますが、上位階層のフォルダにも簡単にアクセスできるのはやっぱり便利。

Finderにファイルパスを表示

はい、では実際にパスバーを表示させる方法。「Finder > 表示 > パスバーの表示」でFinderのウインドウの下部にパスバーが表示されます。たったこれだけ。知らんかった。上位のディレクトリが全部表示されるので好きなところまで簡単に戻れますね。これは便利。

意外と知らない設定って眠ってるものですね。ファイル探しがちょっと便利になりました。さて上記URLではその他にも目からウロコかも知れないチップスが紹介されています。Mac使いの方は要チェックですよ。

関連する(かもしれない)記事


コメント

コメントをする





CAPTCHA


書いてる人

taca

taca。1978年生まれのB型。ウェブ制作のお仕事をしています。MacユーザーでiPhoneユーザー。写真を撮るのが好き。BBQをこよなく愛しますが、やむを得ない場合はホットプレートでの焼肉でも可。[profile...]

Instagram

Tumblr

リンク

MONO

STUDIO PENDANT LIGHTT

業務用っぽいものって、なんかカッコいいんだよね。

RECOMMEND

4861000084

Design rule index—デザイン、新・100の法則
William Lidwell, Kritina Holden, Jill Butler

フィボナッチの数列、フィッツの法則にオッカムの剃刀、5つの帽子掛けやらグーテンベルク・ダイヤグラムなどなど、デザインにまつわるキーワードがぎっしり詰まった本。必ずしも奇抜なセンスが必要なのではなく、しっかり基礎的ルールに基づけば自然と美しいデザインは生まれるもの。デザインに興味があるならばぜひとも本棚に。うーむ、いい意味で、本棚の肥やしとしてもサイコーの一冊。

410538502X

フル・ムーン
Michael Light

月旅行を体験できる本。人類初の月面着陸に成功したアポロ11号の宇宙飛行士たちが、興奮しながら目にしただろう月面の壮大で茫漠とした風景がそこにあります。記録写真というより、映画のひとコマのように思えるのは、宇宙飛行士たちのドラマを感じられるカットが散りばめられているからかな。月平線(?)から見える地球の出にも感涙。

B0007OC71O

In Between Dreams
Jack Johnson

アコースティックでナチュラルで、何の違和感もなく耳から浸透してくる心地よいメロディ。あまり聴きすぎると仕事が手に着かなくなる可能性があります。

PAGE TOP