きまぐれ事典

ウェブデザイナーがあれこれきまぐれにつづる日々のくらしの百科事典。

Snow Leopardついに出ました

Posted on | 2009年 8月 25日 | Permalink

【ユキヒョウ】
ユキヒョウ Panthera uncia (雪豹)は、ネコ目(食肉目)ネコ科に属する哺乳動物。分類学上の位置づけは明確でなく、独立した属に分類し、学名 Uncia uncia とする考えもある。中央アジアの高原や高山地帯に生息する、非常に珍しい動物。全身は灰白色の長い毛で密に覆われ、黒い斑紋や縞模様がある。雪山の過酷な環境に適応し、独自の進化を遂げた。

Mac OS X 10.6 Snow Leopard

ついに出ました!Mac OS Xのメジャーアップデート、Snow Leopardです。Mac OS Xももう10.6になるのですねー。私は10.3 Pantherの頃からのMacユーザーです。あ、ちなみにMac OS Xのバージョンにはそれぞれネコ科動物の名前がコードネームとして付けられているのですよ。

Snow Leopardの発売は8月28日ですが、アップルストアではもう予約の受付が開始になっております。それにしてもパッケージの雪豹さんがとても凛々しい。

今回のSnow Leopardは10.5 Leopardをチューンナップしたものという印象ですが、より早く、より信頼性のあるOSに仕上がっている模様です。派手な機能追加こそあまりないと思いますが、Leopardがさらに信頼性の高いものにチューンナップされたとあらばすぐにでも導入したいところ。しかもうれしいことにLeopardからのアップグレードならば、な、な、なんと3,300円で出来ちゃう!これはすごい!

でね、このSnow Leopardにすぐ飛びつきたいところなんですが、現在仕事用に使っているAdobe CS3系のソフトたちが問題なく動いてくれるかが非常に心配なのだ。以前得た情報によるとCS3はサポートしないとか言われておりました(参考サイト)。CS3をCS4にアップグレードするとなると大枚をはたかなければいけなくなるし。そもそもCS4のあまりいい噂を聞かない(一部の情報による私のステレオタイプかも知れないけども)のであえて避けておりました。

これはSnow Leopardは見送りかなーとか思っておりますと、今度はCS3もおおむね動作するらしいという新しい情報も出て来たり(参考サイト)。情報の錯綜…。ただ自分が混乱してるだけなのか。この情報によると、PhotoshopとDreamweaverにマイナーなバグがあるもののとりあえずは動くみたいです。もっともこのマイナーなバグが何なのかは気になりますがね。

やっぱりしばらくは様子見ですね。発売日に購入ということはないと思います。Snow LeopardとCS3の相性についてしばらく情報収集しながら確信が持てるまで購入を控えておくつもりです(言い方は悪いですが、人柱の観測…汗)。無事に互換性を確認できることを祈りつつ、早く雪豹さんに会いたいですね。

関連する(かもしれない)記事

コメント

Comments are closed.

書いてる人

taca

taca。1978年生まれのB型。ウェブ制作のお仕事をしています。MacユーザーでiPhoneユーザー。写真を撮るのが好き。BBQをこよなく愛しますが、やむを得ない場合はホットプレートでの焼肉でも可。[profile...]

Instagram

Tumblr

リンク

MONO

BUILT NY

iPodとかケータイ入れとして。

RECOMMEND

4861000084

Design rule index—デザイン、新・100の法則
William Lidwell, Kritina Holden, Jill Butler

フィボナッチの数列、フィッツの法則にオッカムの剃刀、5つの帽子掛けやらグーテンベルク・ダイヤグラムなどなど、デザインにまつわるキーワードがぎっしり詰まった本。必ずしも奇抜なセンスが必要なのではなく、しっかり基礎的ルールに基づけば自然と美しいデザインは生まれるもの。デザインに興味があるならばぜひとも本棚に。うーむ、いい意味で、本棚の肥やしとしてもサイコーの一冊。

410538502X

フル・ムーン
Michael Light

月旅行を体験できる本。人類初の月面着陸に成功したアポロ11号の宇宙飛行士たちが、興奮しながら目にしただろう月面の壮大で茫漠とした風景がそこにあります。記録写真というより、映画のひとコマのように思えるのは、宇宙飛行士たちのドラマを感じられるカットが散りばめられているからかな。月平線(?)から見える地球の出にも感涙。

B0007OC71O

In Between Dreams
Jack Johnson

アコースティックでナチュラルで、何の違和感もなく耳から浸透してくる心地よいメロディ。あまり聴きすぎると仕事が手に着かなくなる可能性があります。

PAGE TOP