きまぐれ事典

ウェブデザイナーがあれこれきまぐれにつづる日々のくらしの百科事典。

暑い夏にはトマトの冷製パスタが最高においしい

Posted on | 2011年 8月 20日 | Permalink

【トマト】
トマト(学名:Solanum lycopersicum)は、ナス科ナス属の植物。また、その果実のこと。多年生植物で、果実は食用として利用される。トマトは、緑黄色野菜の一種である。ほとんど使われないが、唐柿(とうし)、赤茄子(あかなす)、蕃茄(ばんか)、小金瓜(こがねうり)などの異称もある。

トマトの冷製パスタ

久しぶりに料理したくなったので、暑い夏にピッタリなトマトの冷製パスタを作ってみました。去年の夏も作って食べたんだけど、簡単なのに抜群においしいメニューでオススメです。トマトの酸味、ニンニクとブラックペッパーのパンチのきいた味は食欲をそそります。

とりあえず、レシピを載せておきます。

<材料(2人分)>

・トマト大 2個
・大葉 10枚
・ニンニク 4〜5片
・固形コンソメ 2個(10g)
・オリーブオイル 大さじ2
・しょう油 大さじ2
・砂糖 小さじ2
・塩コショウ 適量
・ブラックペッパー 適量
・アジ塩 適量
・クレイジーソルト(なくても可) 適量
・パスタ 250g

<作り方>

(1)トマトはヘタを取って1.5cmくらいに角切りにし大きめのボウルに入れておく。大葉は極細の千切りにする。

(2)オリーブオイルをフライパンに入れ、みじん切りにしたニンニクを弱火でじっくり火を通す。塩を一つまみ入れる。

(3)ほんのりきつね色になってカリカリになるまでこがさないようにじっくり炒める。

(4)(3)のフライパンに、切っておいたトマトの半量を入れる。しょう油、砂糖、コンソメを入れて混ぜる。

(5)(1)のトマトの半量が入ってるボウルに(4)を移し入れ混ぜる。塩コショウ、ブラックペッパー、大葉の1/3の量を入れて混ぜます。

(6)ラップをして冷蔵庫でしっかり冷やす。

(7)パスタをゆでる時、標準より柔らかめにゆでる。冷やすと麺が硬くなるので、パスタに表示してある時間より1〜2分長めくらいが目安。

(8)パスタがゆで上がったらザルに取って氷水につけて冷やす。パスタが冷えたらしっかり水気を切る。

(9)水気を切ったパスタを(6)のボウルに入れて混ぜ、アジ塩、ブラックペッパー、クレイジーソルトで味を調える。冷たいと味が薄く感じるので、ちょっと濃いめに調整するのがいいかも。

(10)皿に盛って、大葉を乗せ、出来上がり。

関連する(かもしれない)記事


コメント

2 コメント - “暑い夏にはトマトの冷製パスタが最高においしい”


  1. 2011年 8月 22日 @ 23:14

    今度、ぜひご持参ください(-人-)

  2. taca
    2011年 8月 23日 @ 00:05

    龍さん

    ぜひ自分で作ってみてくださいませ!
    そのためにレシピ載せたの!

コメントをする





CAPTCHA


書いてる人

taca

taca。1978年生まれのB型。ウェブ制作のお仕事をしています。MacユーザーでiPhoneユーザー。写真を撮るのが好き。BBQをこよなく愛しますが、やむを得ない場合はホットプレートでの焼肉でも可。[profile...]

Instagram

Tumblr

リンク

MONO

±0加湿器

このカタチといい、ツヤといい、ぐうのねも出ないっす。

RECOMMEND

4861000084

Design rule index—デザイン、新・100の法則
William Lidwell, Kritina Holden, Jill Butler

フィボナッチの数列、フィッツの法則にオッカムの剃刀、5つの帽子掛けやらグーテンベルク・ダイヤグラムなどなど、デザインにまつわるキーワードがぎっしり詰まった本。必ずしも奇抜なセンスが必要なのではなく、しっかり基礎的ルールに基づけば自然と美しいデザインは生まれるもの。デザインに興味があるならばぜひとも本棚に。うーむ、いい意味で、本棚の肥やしとしてもサイコーの一冊。

410538502X

フル・ムーン
Michael Light

月旅行を体験できる本。人類初の月面着陸に成功したアポロ11号の宇宙飛行士たちが、興奮しながら目にしただろう月面の壮大で茫漠とした風景がそこにあります。記録写真というより、映画のひとコマのように思えるのは、宇宙飛行士たちのドラマを感じられるカットが散りばめられているからかな。月平線(?)から見える地球の出にも感涙。

B0007OC71O

In Between Dreams
Jack Johnson

アコースティックでナチュラルで、何の違和感もなく耳から浸透してくる心地よいメロディ。あまり聴きすぎると仕事が手に着かなくなる可能性があります。

PAGE TOP