きまぐれ事典

ウェブデザイナーがあれこれきまぐれにつづる日々のくらしの百科事典。

ふゆのかいどう展を見てきたよ

Posted on | 2012年 2月 13日 | Permalink

ふゆのかいどう展

友達夫妻がとあるグループ展に参加するとのことで「ふゆのかいどう展」というのを見に行ってきました。友達夫妻はどちらもイラストを描く人なので、自分たちの描いたイラストを展示販売してました。他に4人ほどそれぞれのアート作品で出展しておられましたね。

場所は平田の木綿街道沿い。古い民家を展示場として利用されていましたが、グループ展メンバーの一人の方の元々のお家だそうです。吾郷屋さんという所です。たぶんイベントの時だけ開いてるのかな。

玄関入ってすぐの所に友達のイラスト作品、玄関から上がった部屋に友人の奥さんのイラスト作品や他の方のアート作品が展示されてました。友人夫妻のイラストももちろん楽しみに見に来たんですが、今回はグループ展ということで他の方の作品もかなり気になりましたね。染織をされる方、あと、製本の技術を持ってらっしゃってアーティスティックなノートを作られる方、それから、おもしろい陶器を焼かれてる方、それから、奥の方では何やらカフェを出しておられる方もいらっしゃいましたよ。

展示の様子
展示の様子はこんなかんじ。ほんの一部ですが。

友達夫妻のポストカード
購入した友達夫妻のポストカードです。手前のが友達(アオキイチロー)の作品で、奥の作品が奥さん(豆ひよこ)の。さすがのイラストレーターさん。あ、友達は最近は動物モチーフにした抽象画っぽい作品を作っているようです。このイラストはちょっと例外的な作品になるのかな。

陶器の街並み
これすごくおもしろかったです。全部陶器の小さな家。たくさん並べられて小さな街並みになっていました。松江のこうや電気窯さんの作品です。壁土が剥がれたみたいにしてあったり、ネズミの穴が開いてたり、芸の細かさに感動。

迂闊にも写真撮り忘れてたんだけど、吾郷屋さんのノートと切り絵の作品もとても繊細で素晴らしかったです。とても細やかな仕事でした。吾郷屋さんとこうや電気窯さんには作品の解説していただいたりして、アーティストならではの独特の世界観とか、細部に宿ってるストーリーなんかを垣間見れたりしてなんだかとても刺激になりました。

ひと通り展示を見終わって、せっかくなので木綿街道をそぞろ歩くなど。

酒持田本店
木綿街道、酒持田本店。茶色くなった杉玉。

懐かしい郵便ポスト
懐かしい郵便ポスト。ちゃんと収集に来てるみたいですよ。

来間屋生姜糖付近
木綿街道、来間屋生姜糖の前あたり。子供たちが遊んでる風景はまるで昭和。なんか、いいですねえ。

関連する(かもしれない)記事

コメント

1 コメント - “ふゆのかいどう展を見てきたよ”


  1. 2012年 2月 16日 @ 08:18

    へぇ〜 
    そんなのがあったんだぁ。 
    また詳しく聞かせてください(^-^)

コメントをする





CAPTCHA


書いてる人

taca

taca。1978年生まれのB型。ウェブ制作のお仕事をしています。MacユーザーでiPhoneユーザー。写真を撮るのが好き。BBQをこよなく愛しますが、やむを得ない場合はホットプレートでの焼肉でも可。[profile...]

Instagram

Tumblr

リンク

MONO

TUBTRUGS

使い道いろいろあるのがいいのです。カラーもいろいろ。

RECOMMEND

4861000084

Design rule index—デザイン、新・100の法則
William Lidwell, Kritina Holden, Jill Butler

フィボナッチの数列、フィッツの法則にオッカムの剃刀、5つの帽子掛けやらグーテンベルク・ダイヤグラムなどなど、デザインにまつわるキーワードがぎっしり詰まった本。必ずしも奇抜なセンスが必要なのではなく、しっかり基礎的ルールに基づけば自然と美しいデザインは生まれるもの。デザインに興味があるならばぜひとも本棚に。うーむ、いい意味で、本棚の肥やしとしてもサイコーの一冊。

410538502X

フル・ムーン
Michael Light

月旅行を体験できる本。人類初の月面着陸に成功したアポロ11号の宇宙飛行士たちが、興奮しながら目にしただろう月面の壮大で茫漠とした風景がそこにあります。記録写真というより、映画のひとコマのように思えるのは、宇宙飛行士たちのドラマを感じられるカットが散りばめられているからかな。月平線(?)から見える地球の出にも感涙。

B0007OC71O

In Between Dreams
Jack Johnson

アコースティックでナチュラルで、何の違和感もなく耳から浸透してくる心地よいメロディ。あまり聴きすぎると仕事が手に着かなくなる可能性があります。

PAGE TOP