きまぐれ事典

ウェブデザイナーがあれこれきまぐれにつづる日々のくらしの百科事典。

続・最近撮影した星景写真

Posted on | 2015年 5月 24日 | Permalink

相変わらず星景写真を撮りに夜な夜な出掛けていたりする。

この時期、田植えを終えたばかりの水田が、星空を映す水鏡となる様を撮ってみたかった。

StarStaX_IMG_2213-IMG_2223_lighten-2
水田と星空を撮ろうと最初に試したものが上の一枚。斐川の某所。撮影し始めて間もなく急速に雲が覆い始めてちょっと中途半端なものに。

StarStaX_IMG_2465-IMG_2507_lighten_2
わりとキマった一枚。これも斐川。初導入のソフトフィルターをつけっぱなしだったため、明るい木星やら地上の灯りが必要以上に滲んでしまった。これはこれでありかな。

IMG_2459-hokutoshichisei
オマケ。大きな木を前景に北斗七星を撮影してみた。ソフトフィルターの効果でちょっとフワッとした感じに。シャープな星像の時より見かけが大きくなっていい。

StarStaX_IMG_2512-IMG_2553_lighten
これも斐川で撮影したもの。昇ってくるさそり座と土星。縦構図にしたので、水田に映る星もバッチリ撮れた。

さて、先日は写真友達とも星を撮りに行った。正確には夜光虫を撮りに行ったのだけれどまったく見ることができなかった。代わりに湖陵の海岸で星を撮った。以下の写真がその時のもの。

IMG_2567
湖陵の海岸から大社方面と北の空。カメラの液晶をのぞき込む友達らもぼーっと写ってる。

IMG_2565
撮る時にちゃんと確認しておけばよかったんだけれど、これはたぶんアークトゥルス…かな…。

IMG_2627
こちらはからす座とスピカ。よく分かるスパイカズスパンカーの図である。

IMG_2640

IMG_2641

IMG_2644

IMG_2649
星空ドライブウェイ。

IMG_2653
星空と民家。ちょっと雲が掛かってきた。

StarStaX_IMG_2630-IMG_2636_lighten_mini
堤防の上から友達夫婦を入れてほんのちょっとのコンポジット撮影。

StarStaX_IMG_2568-IMG_2623_lighten_v2_mini
これは15分くらいのコンポジット。向こうの灯りはキララ多伎。

最近のコンポジットはStarStaXというMac用のソフトを使ってる。Photoshopでしこしこと合成していくより俄然お手軽に比較明合成ができる。それに合成処理時に軌跡がぐんぐん伸びていく様子が楽しい。

関連する(かもしれない)記事


コメント

コメントをする





CAPTCHA


書いてる人

taca

taca。1978年生まれのB型。ウェブ制作のお仕事をしています。MacユーザーでiPhoneユーザー。写真を撮るのが好き。BBQをこよなく愛しますが、やむを得ない場合はホットプレートでの焼肉でも可。[profile...]

Instagram

Tumblr

リンク

MONO

STUDIO PENDANT LIGHTT

業務用っぽいものって、なんかカッコいいんだよね。

RECOMMEND

4861000084

Design rule index—デザイン、新・100の法則
William Lidwell, Kritina Holden, Jill Butler

フィボナッチの数列、フィッツの法則にオッカムの剃刀、5つの帽子掛けやらグーテンベルク・ダイヤグラムなどなど、デザインにまつわるキーワードがぎっしり詰まった本。必ずしも奇抜なセンスが必要なのではなく、しっかり基礎的ルールに基づけば自然と美しいデザインは生まれるもの。デザインに興味があるならばぜひとも本棚に。うーむ、いい意味で、本棚の肥やしとしてもサイコーの一冊。

410538502X

フル・ムーン
Michael Light

月旅行を体験できる本。人類初の月面着陸に成功したアポロ11号の宇宙飛行士たちが、興奮しながら目にしただろう月面の壮大で茫漠とした風景がそこにあります。記録写真というより、映画のひとコマのように思えるのは、宇宙飛行士たちのドラマを感じられるカットが散りばめられているからかな。月平線(?)から見える地球の出にも感涙。

B0007OC71O

In Between Dreams
Jack Johnson

アコースティックでナチュラルで、何の違和感もなく耳から浸透してくる心地よいメロディ。あまり聴きすぎると仕事が手に着かなくなる可能性があります。

PAGE TOP