きまぐれ事典

ウェブデザイナーがあれこれきまぐれにつづる日々のくらしの百科事典。

夏の星空

Posted on | 2016年 8月 13日 | Permalink

夏の夜空といえば天の川。天の川を撮りたくて三瓶山に行ってきた。

三瓶周辺は光害の影響をあまり受けることなく星の撮影にはもってこいのスポット。以前からちょいちょい星を撮りに通っている。

撮影に訪れた日はあまり雲の影響もなく星の見え方もクリア。期待を裏切らない満天の星空が広がっていた。

1F1A4030
いて座あたりが銀河の中心。2万5千年前の光を見てると思うとなんだか気が遠くなるような。途方もない宇宙の浪漫。

1F1A4035

1F1A4053
三瓶山越しに北天を撮影してみると、カシオペアあたりまで続く天の川を中心に、こちらはこちらで宝石箱をひっくり返したようなきらびやかさがある。アンドロメダ銀河も写っている。なんだか秋の気配を感じる。

1F1A4048

1F1A4050

StarStaX_lighten_20160811
三瓶周辺で星の軌跡を撮影すると、星の数が多いものだからこんな感じになる。軌跡の密度が高い。

そうそう、11日に日付が変わる頃に撮影してたんだけど、ペルセウス座流星群と思しき流星がいくつも飛び交った。

中でも、りゅう座を西へ向けて横切る火球を見れたのが大きな収穫だった。緑色に燃える火球で、打ち上げ花火かと思うほどメラメラとゆっくり流れていった。人生で見た火球はこれで4個目くらいだろうか。とても貴重な体験だ。

今年のペルセウス座流星群は当たり年との情報があるけれど、早くも極大日の前に恩恵を受けたのかもしれない。ありがたや。

今度は寝袋でも持って行ってゆったり寝転がって見たいな。

関連する(かもしれない)記事

コメント

コメントをする





CAPTCHA


書いてる人

taca

taca。1978年生まれのB型。ウェブ制作のお仕事をしています。MacユーザーでiPhoneユーザー。写真を撮るのが好き。BBQをこよなく愛しますが、やむを得ない場合はホットプレートでの焼肉でも可。[profile...]

Instagram

Tumblr

リンク

MONO

TUBTRUGS

使い道いろいろあるのがいいのです。カラーもいろいろ。

RECOMMEND

4861000084

Design rule index—デザイン、新・100の法則
William Lidwell, Kritina Holden, Jill Butler

フィボナッチの数列、フィッツの法則にオッカムの剃刀、5つの帽子掛けやらグーテンベルク・ダイヤグラムなどなど、デザインにまつわるキーワードがぎっしり詰まった本。必ずしも奇抜なセンスが必要なのではなく、しっかり基礎的ルールに基づけば自然と美しいデザインは生まれるもの。デザインに興味があるならばぜひとも本棚に。うーむ、いい意味で、本棚の肥やしとしてもサイコーの一冊。

410538502X

フル・ムーン
Michael Light

月旅行を体験できる本。人類初の月面着陸に成功したアポロ11号の宇宙飛行士たちが、興奮しながら目にしただろう月面の壮大で茫漠とした風景がそこにあります。記録写真というより、映画のひとコマのように思えるのは、宇宙飛行士たちのドラマを感じられるカットが散りばめられているからかな。月平線(?)から見える地球の出にも感涙。

B0007OC71O

In Between Dreams
Jack Johnson

アコースティックでナチュラルで、何の違和感もなく耳から浸透してくる心地よいメロディ。あまり聴きすぎると仕事が手に着かなくなる可能性があります。

PAGE TOP