きまぐれ事典

ウェブデザイナーがあれこれきまぐれにつづる日々のくらしの百科事典。

とある休日のおひるの風景

Posted on | 2015年 5月 14日 | Permalink

日曜日、ふと思い付きで、誰もいない松林の中でパンを食べた。

初夏の晴れた日の、ちょうどいい気温、湿度、ほどよくそよぐ風。もしかしたらこの季節が一年で最も、人間にとって快適な季節なんではないだろうか。そんな時期の自然の中での食事は、ただのパンでさえも幸福感をもたらす。

あ、ただのパンと言っても、わが家のお気に入りのパン屋、ブーランジェリーミケのパンだ。この松林に来る前に立ち寄って数種類のパンを購入した。あと、飲み物も…ということで、ミケから近いスタバで飲み物もテイクアウト。

IMG_2239

IMG_2242

IMG_2247

IMG_2249

IMG_2250

IMG_2262

IMG_2267

ところで、ここらの松林はその昔、大梶七兵衛が防風林として植林したものだ。もっともこのことは、高瀬川開削事業の話と合わせて、たいていの出雲市民は知っているのではないだろうか。知らない出雲市民はモグリである。小学校の学芸会では大梶七兵衛の劇もやった。私はたしか農民Aだった(笑)。

なんてなことが頭をよぎったりよぎらなかったり…しながら、静かな松林の中で美味しいパンを食べて、ちょっと休憩して、そんな休日もたまにはいいものだな。

関連する(かもしれない)記事

コメント

コメントをする





CAPTCHA


書いてる人

taca

taca。1978年生まれのB型。ウェブ制作のお仕事をしています。MacユーザーでiPhoneユーザー。写真を撮るのが好き。BBQをこよなく愛しますが、やむを得ない場合はホットプレートでの焼肉でも可。[profile...]

Instagram

Tumblr

リンク

PAGE TOP