きまぐれ事典

ウェブデザイナーがあれこれきまぐれにつづる日々のくらしの百科事典。

実際にやってみるということ

Posted on | 2008年 1月 24日 | Permalink

【壁】
(1)建物の外部を囲み、また内部を仕切るもの。
(2)大きな困難や障害。
(3)人と人との間のへだて。
(4)登山用語で、直立した岩壁。フェース。
(5)〔女房詞〕豆腐。おかべ。
(6)(壁を「塗る」を「寝(ぬ)る」にかけて)夢。
(7)近世後期、江戸で、野暮(やぼ)なことの意を表す通語。
——————————————————————

今まで忙しさにかまけて見て見ぬ振りをしてきた、いわゆるCMS(コンテンツマネジメントシステム)の導入・カスタマイズに関する勉強をしています。

今の時代、もはやCMSでのサイト立ち上げが主流になりつつありますね。CMSを導入しておくと、クライアント自身に更新を任せられるので、こちらの手間も省けるし、クライアントもより新鮮な情報を発信しやすくなるため、従来のHPより便利は良いのです。

で、最近少しずつ少しずつ勉強してたのです。おそらく最もポピュラーなCMS(というか、あくまでブログツールというべきかも知れませんが)であろうMovableTypeです。じつは今も仕事の合間にちょこちょこ実験サイトを構築してたりします。

まあやはり手こずる面もあるなあという感じなんですが、思ってたほど難解なものでもなかったという印象。本や話に聞いていただけの知識で私が想像していたものと、今目の前にあるものが、それほど大きくかけ離れてはいなかったのは、偶然かもしれないけれどありがたい。まあまだMovableType全体とそれに関わることを理解していないからこんな甘いことが言えてたりするのでしょうが。

今まで億劫で手をつけにくかったのが、実際に触ってみると、あー意外とこんなもんかー、みたいな感じは時々ありますね。とりあえずやり始める。やり始めたから次に進める。やっぱり机上の空論じゃなくて、まず手を動かすことって大事だなあ。

—————————————————————-
まず一枚の壁を突破した感じです。
壁は越えるものと思ってたけど、こういうパスの仕方もあるのね。

壁を破る樹

関連する(かもしれない)記事

コメント

2 コメント - “実際にやってみるということ”

  1. N@LI
    2008年 1月 24日 @ 01:44

    Movable Typeって個人用に限っては無償でダウンロードできるんだね。
    今、ワシはそれつっついてみたいけど、私生活が慌しくて何もでき?ん(;-;)
    ある程度分かったら、触りだけでも教えてごし?(>-<)

  2. TACA
    2008年 1月 24日 @ 10:23

    >N@LIさん
    個人用は無償ですよ。
    便利なものだけど、便利に運用できるように構築するのは
    なかなかに大変なもんだ。
    まだまださっぱり分かりません。
    逆に教えてー。

コメントをする





CAPTCHA


書いてる人

taca

taca。1978年生まれのB型。ウェブ制作のお仕事をしています。MacユーザーでiPhoneユーザー。写真を撮るのが好き。BBQをこよなく愛しますが、やむを得ない場合はホットプレートでの焼肉でも可。[profile...]

Instagram

Tumblr

リンク

MONO

AIR

窓の外から入る光がとってもきれいなカーテンなのです。

RECOMMEND

4861000084

Design rule index—デザイン、新・100の法則
William Lidwell, Kritina Holden, Jill Butler

フィボナッチの数列、フィッツの法則にオッカムの剃刀、5つの帽子掛けやらグーテンベルク・ダイヤグラムなどなど、デザインにまつわるキーワードがぎっしり詰まった本。必ずしも奇抜なセンスが必要なのではなく、しっかり基礎的ルールに基づけば自然と美しいデザインは生まれるもの。デザインに興味があるならばぜひとも本棚に。うーむ、いい意味で、本棚の肥やしとしてもサイコーの一冊。

410538502X

フル・ムーン
Michael Light

月旅行を体験できる本。人類初の月面着陸に成功したアポロ11号の宇宙飛行士たちが、興奮しながら目にしただろう月面の壮大で茫漠とした風景がそこにあります。記録写真というより、映画のひとコマのように思えるのは、宇宙飛行士たちのドラマを感じられるカットが散りばめられているからかな。月平線(?)から見える地球の出にも感涙。

B0007OC71O

In Between Dreams
Jack Johnson

アコースティックでナチュラルで、何の違和感もなく耳から浸透してくる心地よいメロディ。あまり聴きすぎると仕事が手に着かなくなる可能性があります。

PAGE TOP