きまぐれ事典

ウェブデザイナーがあれこれきまぐれにつづる日々のくらしの百科事典。

啓蟄とはよく言ったものだ

Posted on | 2009年 3月 6日 | Permalink

【啓蟄】
二十四節気の一。太陽の黄経が三四五度になったときをいい、現行の太陽暦で三月六日頃。二月節気。また、このころ冬ごもりをしていた虫が穴から出てくることをいう。[季]春。

今年初ゴキブリと遭遇してしまいました。小さい子供ゴキブリ。しかもその出会い、脱衣所でむにゅっと踏んづけちまうというお互いに悲惨な出来事でしたorz 君とはもっと違う出会い方をしたかったな、ふっ…(遠い目)。

自分ごときに踏まれてしまうなんてとんだのろまゴキブリだなとは思いましたが、まだまだ寒い3月の初め。ゴキちゃんも寝ぼけてたのでしょう。んで、ふと気になってカレンダーを見ますと今日は啓蟄なんですって。なんてタイムリーな。昔の人はよく言ったものですね。

関連する(かもしれない)記事


コメント

4 コメント - “啓蟄とはよく言ったものだ”


  1. 2009年 3月 6日 @ 23:41

    おぇ〜( -_-)
    踏むなよ( -_-)想像したわ( -_-)
    でも暖かいから気持ち悪い虫も早く出てくるかもね(@_@;)

  2. TACA
    2009年 3月 6日 @ 23:50

    龍さん

    おれだって踏みたかないよー。
    しかし春は来てるんですなあ。

  3. O'Sho
    2009年 3月 8日 @ 17:17

    ・・・一生忘れませんね。

    踏んだ方も、踏まれた方も。

    むしろお互い一生の思い出になるかも??

    まあ、踏まれた方は命日ですが・・・。

  4. TACA
    2009年 3月 8日 @ 19:56

    O’Shoさん

    むこうにしたら
    さてがんばるかーって時だったと思うんですが、
    なんか悪いことしちゃったな。

コメントをする





CAPTCHA


書いてる人

taca

taca。1978年生まれのB型。ウェブ制作のお仕事をしています。MacユーザーでiPhoneユーザー。写真を撮るのが好き。BBQをこよなく愛しますが、やむを得ない場合はホットプレートでの焼肉でも可。[profile...]

Instagram

Tumblr

リンク

MONO

Bankers Box

これは鉄板!定番中の定番。整理整頓のお供に。

RECOMMEND

4861000084

Design rule index—デザイン、新・100の法則
William Lidwell, Kritina Holden, Jill Butler

フィボナッチの数列、フィッツの法則にオッカムの剃刀、5つの帽子掛けやらグーテンベルク・ダイヤグラムなどなど、デザインにまつわるキーワードがぎっしり詰まった本。必ずしも奇抜なセンスが必要なのではなく、しっかり基礎的ルールに基づけば自然と美しいデザインは生まれるもの。デザインに興味があるならばぜひとも本棚に。うーむ、いい意味で、本棚の肥やしとしてもサイコーの一冊。

410538502X

フル・ムーン
Michael Light

月旅行を体験できる本。人類初の月面着陸に成功したアポロ11号の宇宙飛行士たちが、興奮しながら目にしただろう月面の壮大で茫漠とした風景がそこにあります。記録写真というより、映画のひとコマのように思えるのは、宇宙飛行士たちのドラマを感じられるカットが散りばめられているからかな。月平線(?)から見える地球の出にも感涙。

B0007OC71O

In Between Dreams
Jack Johnson

アコースティックでナチュラルで、何の違和感もなく耳から浸透してくる心地よいメロディ。あまり聴きすぎると仕事が手に着かなくなる可能性があります。

PAGE TOP