きまぐれ事典

ウェブデザイナーがあれこれきまぐれにつづる日々のくらしの百科事典。

はやぶさ帰還カプセル展示 in 松江 いってきました

Posted on | 2011年 10月 10日 | Permalink

先日の話になりますが、松江のくにびきメッセへ小惑星探査機はやぶさの帰還カプセル展示を見に行ってきました。

展示品は一部本物、一部レプリカでした。内容は、前面ヒートシールド(大気圏突入時にカプセルを保護する熱防護材。レプリカ模型)、背面ヒートシールド(カプセル背面側からの熱から機体を守る熱防護材。実物)、パラシュート(実物)、インスツルメントモジュール(イトカワのサンプルが入っているサンプラコンテナと搭載電子機器部が配置されている。実物)、搭載電子機器部(いろんな指令を出すカプセルの心臓部。実物)。あ、おまけと言ってはなんですが、美保関隕石の実物展示も見ることができましたよ。

撮影禁止だったのは残念ですが、宇宙を旅してきたはやぶさの一部をこの目に焼き付けることができてうれしかったですね。イトカワにたどり着いて困難を乗り越えながら7年、60億kmにおよぶ旅をして地球に帰ってきたのかと思うとジーンときます。実物を目にするとエンジニアの方々の努力と苦労が伝わってくるような感じすらしました。エンジニアの情熱と技術力の結晶みたいなものですもんね。

会場では「HAYABUSA Back To The Earth」を上映していたのでせっかくなので観させてもらいました。昨年サヒメルに足を運んで一度見ていたのですが(その時の記事)、今回のは”帰還バージョン”だそうです。そうか、たしか前に観たのははやぶさがまだ帰還していない時期に制作されたものだったかな。と言っても内容はほとんど変わらない気がしましたが。二回目でしたが、やはりうるっときますね。はやぶさを擬人化させたふうにナレーターが語りかけてるので、余計に感情移入しちゃうんだろうなあ。イトカワから持ち帰ったサンプルが入ったカプセルを地上に届けて、大気で燃え尽きていくはやぶさの姿は感動せざるを得ません。バックで流れてた優しい声の歌も良くて、そこはかとなく燃え尽きるはやぶさのせつなさを引き立ててます。

というわけで、はやぶさ帰還カプセル展示、なかなかよかったです。ちょうど映画も始まりましたね。たぶん観に行くと思いますけど、これ、予告編で泣けてきた。やばい。

映画「はやぶさ/HAYABUSA」

B0053G3VZM
小惑星探査機 はやぶさ HAYABUSA BACK TO THE EARTH 帰還バージョン DVD版

関連する(かもしれない)記事


コメント

コメントをする





CAPTCHA


書いてる人

taca

taca。1978年生まれのB型。ウェブ制作のお仕事をしています。MacユーザーでiPhoneユーザー。写真を撮るのが好き。BBQをこよなく愛しますが、やむを得ない場合はホットプレートでの焼肉でも可。[profile...]

Instagram

Tumblr

リンク

MONO

Saito Wood

どんなお部屋にもマッチ。木目が素敵すぎ。

RECOMMEND

4861000084

Design rule index—デザイン、新・100の法則
William Lidwell, Kritina Holden, Jill Butler

フィボナッチの数列、フィッツの法則にオッカムの剃刀、5つの帽子掛けやらグーテンベルク・ダイヤグラムなどなど、デザインにまつわるキーワードがぎっしり詰まった本。必ずしも奇抜なセンスが必要なのではなく、しっかり基礎的ルールに基づけば自然と美しいデザインは生まれるもの。デザインに興味があるならばぜひとも本棚に。うーむ、いい意味で、本棚の肥やしとしてもサイコーの一冊。

410538502X

フル・ムーン
Michael Light

月旅行を体験できる本。人類初の月面着陸に成功したアポロ11号の宇宙飛行士たちが、興奮しながら目にしただろう月面の壮大で茫漠とした風景がそこにあります。記録写真というより、映画のひとコマのように思えるのは、宇宙飛行士たちのドラマを感じられるカットが散りばめられているからかな。月平線(?)から見える地球の出にも感涙。

B0007OC71O

In Between Dreams
Jack Johnson

アコースティックでナチュラルで、何の違和感もなく耳から浸透してくる心地よいメロディ。あまり聴きすぎると仕事が手に着かなくなる可能性があります。

PAGE TOP