きまぐれ事典

ウェブデザイナーがあれこれきまぐれにつづる日々のくらしの百科事典。

停電からコンピュータを守る術

Posted on | 2009年 1月 16日 | Permalink

【停電】
送電が一時とまること。

昨夜停電がありました。居間でテレビを見ていたら突然真っ暗に。停電ってとりあえず焦りますよね。

そうこの時、うちのMac(仕事用)はスリープ状態で待機させてありました。いくらスリープ状態とは言え、コンピュータは立ち上がっている状態です。普通だとこの状態で電力が断たれれば保存していないデータが消えるとか、システムなどコンピュータ自体にも不具合が生じる可能性だってあります。

なので、停電が起こった次の瞬間、頭をよぎるのは大事な仕事用Macのこと。やばーい、と思うわけです。

しかし大丈夫。こういう時の備えとして、ちゃんとUPS(無停電電源装置)を設置しております。緊急時のバッテリーのようなもので、停電などにより電力の供給が絶たれるとUPSのバッテリーに切り替えてパソコンが落ちないように保ち続けてくれるのです。

ただし、UPSが電力を補い続けてくれるのは3分間だけ。停電が回復しない場合は、この3分以内にパソコンを正常に立ち下げておかなければいけません。まあふつう3分以内に停電から復帰するという見込みは立たない…というか分からないので、とりあえずダッシュでMacを立ち下げに走ります。

とにかく、昨晩も停電した瞬間Macのもとに駆けつけ無事を確認。そしてすぐにシステム終了の手続きです。幸い、立ち下げ途中に電気が回復しました。

この無停電電源装置、いざという時のために非常に心強いアイテムです。一応仕事に使う大事なコンピュータなのでUPSを導入しておいたのですが、実際にそんな状況になると改めてありがたみが理解できます。UPSに助けられたのは2度目です。

仕事で使う使わない別にして、そんなにバカ高いものでもないですし、大事なパソコンのために皆さんも導入されてはいかがでしょう。今思いましたが、なんか以前もUPSネタ書いてますね、自分。

我が家のUPSはコンパクトなタイプですが、とっても頼れる素敵なお方。

うちのUPS

関連する(かもしれない)記事

コメント

コメントをする





CAPTCHA


書いてる人

taca

taca。1978年生まれのB型。ウェブ制作のお仕事をしています。MacユーザーでiPhoneユーザー。写真を撮るのが好き。BBQをこよなく愛しますが、やむを得ない場合はホットプレートでの焼肉でも可。[profile...]

Instagram

Tumblr

リンク

PAGE TOP