きまぐれ事典

ウェブデザイナーがあれこれきまぐれにつづる日々のくらしの百科事典。

DVDの中の音楽をiTunesで聴こう

Posted on | 2008年 6月 9日 | Permalink

【DVD】
DVD(ディーブイディー)はデジタルデータの記録媒体である光ディスクの一種。形状やデータの記録・読み取り方式はCD(コンパクトディスク)とほぼ同じだが、記録容量ははるかに大きく、CDでは不可能だった長時間映像の記録ができることが特徴である。従来からのビデオテープ(VHSなど)に並ぶ映像記録の主要メディアに位置づけられており、映画やドキュメンタリー、ドラマなどさまざまな映像ソフトが市販されている。

今週末は珍しくちょっとのんびりな気持ちで過ごしました。最近仕事に追われて忙殺されぎみなのですが、たまーにフっと待ち状態になることがあるんです。明朝からまた忙しくなりますが…。そこで今日は、前からやってみたかったことを試してみることに。

課題は「山崎まさよしのDVDから音声データを抜き出してiTunesで聴けるようにする」こと。この中に車の中で聴きたい曲が入ってるんですけど、前からどうやってiTunesに取り込んでやろうかと考えていたんです。

ネットはホントに便利なものです。ちょっと調べるとすぐ出てきます。もうこれは猫のカタチをしてないドラえもんです。今回使うのは「HandBrake」と「Movie Tools」というフリーソフト。次にこういうことする時のための備忘録としてエントリ。

【1】さてまず、「HandBrake」をダウンロードしてきます。このソフトはDVDをリッピングするソフトです。つまり内容をそっくりそのまま取り出してしまうソフト。ちなみに「HandBrake」はリッピングするのと同時に圧縮もしてくれるようです。この作業は、今回の40分くらいのDVDでも2時間以上かかりました。Macの性能とか、DVDの長さにもよるので、場合によってはもっと長くなることもあるでしょう。

【2】数時間ほっとけばmp4のファイルが出来上がっております。これは映像と音声が両方とも込みのデータです。これはこれで使い道はあるでしょうが、今回の目的はあくまで音声データだけにすること。ここで使用するのが「Movie Tools」です。「Movie Tools」には何種類かの用途のアプリが含まれていて、この中の「Convert to AAC」を使います。これを開いて、ウインドウ内に先ほどのmp4ファイルをドロップ。

【3】勝手にiTunesと連動して、iTunesで聴ける音楽ファイルに変換してくれます。あとは、曲情報をちょいちょいといじっておけば、あとで検索しやすくなりますね。以上。

案外お手軽でした。とりあえずフリーソフトだけでできたのはありがたいですね。これでDVDでしか聴けなかった曲がiTunesでも楽しめます。今度ヒマが訪れたら、サントラが出てないサーフムービーDVDのカッコいい曲たちを試したいですね。ちなみに、この方法は個人で楽しむためだけに限られています。それ以外の目的は違法になりますのでご注意。

関連する(かもしれない)記事


コメント

コメントをする





CAPTCHA


書いてる人

taca

taca。1978年生まれのB型。ウェブ制作のお仕事をしています。MacユーザーでiPhoneユーザー。写真を撮るのが好き。BBQをこよなく愛しますが、やむを得ない場合はホットプレートでの焼肉でも可。[profile...]

Instagram

Tumblr

リンク

MONO

TIMBUK2

定番カメラバッグへのアンチテーゼ。

RECOMMEND

4861000084

Design rule index—デザイン、新・100の法則
William Lidwell, Kritina Holden, Jill Butler

フィボナッチの数列、フィッツの法則にオッカムの剃刀、5つの帽子掛けやらグーテンベルク・ダイヤグラムなどなど、デザインにまつわるキーワードがぎっしり詰まった本。必ずしも奇抜なセンスが必要なのではなく、しっかり基礎的ルールに基づけば自然と美しいデザインは生まれるもの。デザインに興味があるならばぜひとも本棚に。うーむ、いい意味で、本棚の肥やしとしてもサイコーの一冊。

410538502X

フル・ムーン
Michael Light

月旅行を体験できる本。人類初の月面着陸に成功したアポロ11号の宇宙飛行士たちが、興奮しながら目にしただろう月面の壮大で茫漠とした風景がそこにあります。記録写真というより、映画のひとコマのように思えるのは、宇宙飛行士たちのドラマを感じられるカットが散りばめられているからかな。月平線(?)から見える地球の出にも感涙。

B0007OC71O

In Between Dreams
Jack Johnson

アコースティックでナチュラルで、何の違和感もなく耳から浸透してくる心地よいメロディ。あまり聴きすぎると仕事が手に着かなくなる可能性があります。

PAGE TOP