きまぐれ事典

ウェブデザイナーがあれこれきまぐれにつづる日々のくらしの百科事典。

2GBも送れるサービス「Filemail」

Posted on | 2008年 7月 4日 | Permalink

【送る】
(1)物や手紙・情報などを他の地点に移動させる。届ける。
(ア)自分の手元にある物を、離れた地点や遠くにいる人のもとへ移動させる。(イ)気持ちや考えが相手に届くようにする。
(2)人をある場所に行かせる。派遣する。
(3)去って行く人と一緒に行く。
(ア)去って行く人に、途中まで、あるいは目的地までついて行く。(イ)去って行く人に対し、別れる地点で名残を惜しんだり別れの挨拶(あいさつ)をしたりする。(ウ)死んだ人に別れを告げる。また、葬る。
(4)(時が)過ぎ去るままにする。時を過ごす。
(5)順々に次の場所へ移す。
(6)送り仮名をつける。
(7)つぐなう。報いる。

最大2GBもの大容量データを相手に送信することが可能なネットサービス「Filemail」です。しかも無料。これは便利に使える予感がしますね。

仕組みとしては、Filemail.comのサーバーにファイルをアップロードしておいて、相手にはそのファイルがダウンロードできるアドレスが届くというものです。

これから仕事で使えるかもしれないので、自分用メモとして。

「to」:送信相手のメールアドレス(入力しない場合は相手にURLを自分で教える)
「from」:自分のメールアドレス
「message」:コメント欄

「Browse for files」をクリックした後、アップロードするファイルを決めたら「Advanced」をクリック。

「Download limit」は回数、「days available」は何日後に自動削除するか(無料版は最大7日)。

最後に「Send!」をクリックで送信。アップロード完了画面が出ておわり。送信相手のアドレスを入力してない場合は、「Click here」にURLが書いてあるのでそれを相手に教えればOK。

宛先を入力していれば、相手にダウンロード先のURLが入ったHTMLメールが届くのだそうです。「All files in a .ZIP file」をクリックすれば、圧縮されたzipファイルの状態でダウンロードできます。

ん?、これは便利!大容量なのに無料だと助かりますね。

関連する(かもしれない)記事

コメント

4 コメント - “2GBも送れるサービス「Filemail」”

  1. かん吉
    2008年 7月 4日 @ 21:20

    便利ぢゃけど、システム上ちぃと怖くない?
    新手のウィニー..

  2. TACA
    2008年 7月 4日 @ 23:21

    >かん吉さん
    メールが届く相手方はちょっとコワいと思うかもしれませんね。
    あと、データが他の誰かに見られちゃうのではないかという心配も。
    でも有料版にするとパスワードが掛けられるそうです。

  3. かん吉
    2008年 7月 5日 @ 00:17

    うん、それもあるけどデータを預かるとこって大丈夫なん?
    有料版にしてもさ、有料にするために個人情報入力すりゃ余計に怖い..
    そんな事言いよったら、なんも始まらんけど。。

  4. TACA
    2008年 7月 5日 @ 09:51

    >かん吉さん
    一応 Privacy Notice ってのがあるようですけどね。
    まあ、これ信用しちゃっていいかは別ですか。
    こういったデータ転送サービスってウェブ上で結構ありますよ。
    今までそこまで警戒したことなかったけど、
    言われてみたらコワいふしもありますね。
    そのサービスが安心して利用できるサービスかっていうのは
    サービス元をどれだけ信用できるかっていうところで
    各人判断したらいいのでしょう。
    ちなみに「Filemail.com」はノルウェーの企業のようです。

コメントをする





CAPTCHA


書いてる人

taca

taca。1978年生まれのB型。ウェブ制作のお仕事をしています。MacユーザーでiPhoneユーザー。写真を撮るのが好き。BBQをこよなく愛しますが、やむを得ない場合はホットプレートでの焼肉でも可。[profile...]

Instagram

Tumblr

リンク

MONO

FORESTA

こんな時計あったらちょっとうっとりしちゃうなあ。

RECOMMEND

4861000084

Design rule index—デザイン、新・100の法則
William Lidwell, Kritina Holden, Jill Butler

フィボナッチの数列、フィッツの法則にオッカムの剃刀、5つの帽子掛けやらグーテンベルク・ダイヤグラムなどなど、デザインにまつわるキーワードがぎっしり詰まった本。必ずしも奇抜なセンスが必要なのではなく、しっかり基礎的ルールに基づけば自然と美しいデザインは生まれるもの。デザインに興味があるならばぜひとも本棚に。うーむ、いい意味で、本棚の肥やしとしてもサイコーの一冊。

410538502X

フル・ムーン
Michael Light

月旅行を体験できる本。人類初の月面着陸に成功したアポロ11号の宇宙飛行士たちが、興奮しながら目にしただろう月面の壮大で茫漠とした風景がそこにあります。記録写真というより、映画のひとコマのように思えるのは、宇宙飛行士たちのドラマを感じられるカットが散りばめられているからかな。月平線(?)から見える地球の出にも感涙。

B0007OC71O

In Between Dreams
Jack Johnson

アコースティックでナチュラルで、何の違和感もなく耳から浸透してくる心地よいメロディ。あまり聴きすぎると仕事が手に着かなくなる可能性があります。

PAGE TOP