きまぐれ事典

ウェブデザイナーがあれこれきまぐれにつづる日々のくらしの百科事典。

iPhoneの着信音を作る方法

Posted on | 2010年 1月 7日 | Permalink

【着信音】
携帯電話や電子メール-ソフトなどで,着信を知らせるために再生される音声の総称。狭義には効果音などをさすが,広義には着メロなども含める。着音。

年末に買ったiPhoneいじりまくっております。まだまだ自分に合わせてカスタマイズが足りてないのですが、もういじりまくりです。

早速ですが、iPhoneってはじめから入っているサウンド、ちょっとしょぼいのばかり。電話の着信やアラームに選択するにはちょっと…という感じなので、着信音、いわゆる着うた的なものを入れる必要性を当初から感じてました。

iTunesストアで着信音を売っていたりもするのですけれど、持ってる曲なのにまたお金出すのもイヤだなというのもあり、なんとか自作する方法はないかと探しました。すぐ出てきますね。いろんな人がiPhoneの着信音を無料で作る方法を記事にしてくれています。私も自分のための備忘録としてブログ書いときますね。

(1)必要なソフトはiTunesだけ。まずiTunesで着信音にしたい曲を選択する。
iphon_sound_01

(2)右クリックでコンテクストメニュー→情報を見る
iphon_sound_02

(3)オプションから開始時間と終了時間にチェックを入れ、着信音にしたい部分を指定する。ただし、40秒以内になるようにしないといけません。うまくループするように指定するのは結構手間がかかります…
iphon_sound_03

(4)変更したら、再びコンテクストメニューを出し、「AACバージョンを作成」
iphon_sound_04

(5)作成されたらその曲をデスクトップなどへドラッグ。

(6)ファイルの拡張子を.m4aから.m4rに変更する。警告が出ますが大丈夫なので.m4rへ変更してください。
iphon_sound_05

(7)iTunes上に残っているさきほど作成した.m4aのままのファイルを削除しておく。
iphon_sound_06

(8)また、元の曲ファイルのオプションで、開始時間と終了時間のチェックを外しておく。チェックを外すとデフォルトの開始・終了時間に戻ります。

(9)デスクトップの.m4rファイルをダブルクリックすると、iTunesの着信音フォルダにコピーされる。iphon_sound_07

(10)あとはiPhoneと同期させるだけ。

こんな感じです。40秒以内に設定して作らないとエラーになるようですので注意が必要です。40秒以内で、なおかつうまくループがつながるようにするにはなかなか難しいこともあります。なんかいい方法があるといいですが。またいろいろ試してみます。

とりあえずこれで好きな曲をiPhoneの着信音にできますね。めでたしめでたし。

関連する(かもしれない)記事


コメント

コメントをする





CAPTCHA


書いてる人

taca

taca。1978年生まれのB型。ウェブ制作のお仕事をしています。MacユーザーでiPhoneユーザー。写真を撮るのが好き。BBQをこよなく愛しますが、やむを得ない場合はホットプレートでの焼肉でも可。[profile...]

Instagram

Tumblr

リンク

MONO

Leaftie

ごちゃごちゃケーブルはキュートに束ねて。

RECOMMEND

4861000084

Design rule index—デザイン、新・100の法則
William Lidwell, Kritina Holden, Jill Butler

フィボナッチの数列、フィッツの法則にオッカムの剃刀、5つの帽子掛けやらグーテンベルク・ダイヤグラムなどなど、デザインにまつわるキーワードがぎっしり詰まった本。必ずしも奇抜なセンスが必要なのではなく、しっかり基礎的ルールに基づけば自然と美しいデザインは生まれるもの。デザインに興味があるならばぜひとも本棚に。うーむ、いい意味で、本棚の肥やしとしてもサイコーの一冊。

410538502X

フル・ムーン
Michael Light

月旅行を体験できる本。人類初の月面着陸に成功したアポロ11号の宇宙飛行士たちが、興奮しながら目にしただろう月面の壮大で茫漠とした風景がそこにあります。記録写真というより、映画のひとコマのように思えるのは、宇宙飛行士たちのドラマを感じられるカットが散りばめられているからかな。月平線(?)から見える地球の出にも感涙。

B0007OC71O

In Between Dreams
Jack Johnson

アコースティックでナチュラルで、何の違和感もなく耳から浸透してくる心地よいメロディ。あまり聴きすぎると仕事が手に着かなくなる可能性があります。

PAGE TOP